教育資金として、どのくらい準備する必要があるの?

人生の3大支出の1つと言われる教育資金。いったいどの位必要でしょうか?

教育資金は、幼稚園・保育園・小学校・中学校・高校・大学・専門学校と継続的に掛ってきます。またピアノ・英会話・スポーツ・学習塾・予備校などに掛るお金も含まれます。

しかし一番まとまった資金が必要となるのは、高校卒業後の進路を決める時ではないでしょうか。高校卒業後の進路は、子供の将来の夢が詰まっています。

子供の夢のために、あなたはどのくらい準備をしておきますか?

学資保険は、進学時に必要な学資金を計画的に準備できる優れた金融商品

飛騨ライフプラン 保険相談窓口では、学資保険に関する悩みや質問にお答えします。

  • そもそも学費ってどのくらい必要なの?
  • みんな月々どのくらい掛けているの?
  • 早く始めた方が得なの?
  • 幼稚園・小学校から始めたら保険料はどのくらいになるの?
  • どうやって学資保険を選んだらいいの?

学資保険選びのポイント

  • 子供の病気・ケガに対する保障をどう準備するか。
  • 子供が何歳の時にいくら学資金が受け取れるのか。
  • 保険料は、総額いくら払うのか。
  • 万一の場合の保障内容はあるのか。
  • 本当に貯金するよりも良い内容なのか。

これから元気に成長していく子供たちの夢のために、あなたは何をしてあげますか?

飛騨ライフプラン 教育資金相談窓口では、あなたの教育資金を計画的に考えるお手伝いをしています。

その他、子育てに役立つ情報や社会制度についてもご案内しています。

教育資金のお悩みは、飛騨ライフプランにご相談ください

学資保険に関する相談は、『教育資金相談 約2時間3,000円』でご提供致します。

今ならもれなく、1歳未満のお子様に命名色紙をプレゼントしております。この機会に是非ご相談ください。

 

2008_0604006shikishi

お申し込みフォーム

※ご相談内容は学資保険相談をお選びください。

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて「 送信 」ボタンをクリックして下さい。

確認

電話でのお申し込みは

笑顔で幸せハッピーダイヤル
0577-57-8848 までお気軽にお電話ください。

メールでのお申し込みは

ご相談内容、お名前、連絡先を明記の上、fp@hidalifeplan.com宛にご送信ください。

携帯電話のメールアドレスの場合、 hidalifeplan.com からのメールを受信できるよう、メールの受信設定をして頂きますようお願いいたします。

無料相談・お問い合わせ 土日・祝日もOK。お気軽にご相談ください

笑顔で幸せハッピーダイヤル
0577-57-8848
営業時間: 午前10時〜午後6時
メールでのお問い合わせ
ページの先頭へ